高次脳機能障害の検査と原因と治療。認知症との違いとは。

高次脳機能障害は
どういった症状になるのでしょうか?

「認知症との違い」
というのはどういった点にあるのか気になります。

また、
高次脳機能障害の検査や
その原因、治療は
どのように行われるのか?

今回はそういった点について調べてみました。

スポンサードリンク

高次脳機能障害とは?


高次脳機能障害とは、
交通事故や脳卒中などの後で、
下記のような症状出てしまい、
日常生活への対応が難しくなるものを指します。

  • 記憶障害
  • 注意障害
  • 社会的行動障害

次の動画でも解説されています。

【アニメ 交通事故で高次脳機能障害になったら】

動画の中では
交通事故にあった男性が、
その後、回復したものの
高次脳機能障害に陥っている話となります。

お医者さんが気付かないケースも多く、
今まで一緒に暮らしてきた両親などが、
症状に気付くケースも多いです。 

 

認知症との違いは?

その症状から、高次脳機能障害は
認知症の違いは回復にあります。

認知症は、
その症状が少しずつ進行していくことになります。

それに対して、
高次脳機能障害は、
ある一定の時から機能が低下し、
その低下した機能が回復する可能性があるということです。

症状は似たようなものであるものの、
こういった違いがあるため、
症状が出た後の対応というのは、
異なってくることになります。 

 

検査の方法は?


高次脳機能障害の検査方法ですが、
主に3種類になります。

  • MRIなどの画像による診断
  • 心理学的検査
  • 問診や行動観察

まず、
最初に気付くことになるのは
「行動観察」などからではないかと思います。

その後、画像による検査であったり、
心理学的検査を行うことになります。

心理学的検査については、
1種類だけではなく、
状況に適応した検査を実施するため、
数種類実施することが多くなっています。 

 

原因は?


高次脳機能障害の原因ですが、
最も多い原因としては「脳血管の障害」になります。

脳梗塞、脳出血などによって
脳の機能が損傷されることで
高次脳機能障害となります。

次の原因として多いのは、
外傷による脳の損傷ということになります。

まさに交通事故などによるものが
この原因ということになります。

事故などの外傷により
脳の神経が傷つくなどした際に
高次脳機能障害が発症します。

スポンサードリンク

 

治療方法は?

By: Allan Ajifo

まず、高次脳機能障害の治療方法ですが、
これと言った確立された治療方法というのは存在していません。

そのため、
対応としてはリハビリテーションを根気よく続け、
社会復帰を目指すということになります。

高次脳機能障害は、
低下してしまった機能の改善がある程度は認められます。

そのため改善をうながしながら、
少しでも早い社会復帰を目指すというのが、
主な対応となります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です