レビー小体型認知症の症状の進行性。どんな治療法で治すのか?

認知症の1種である
レビー小体型認知症とはどういった病気になるのか?

今回、説明したいと思います。

「具体的な症状」
であったり、
「治療する時の方法」
などについて詳しく説明していきます。

認知症と言っても色々種類がある中で、
レビー小体型認知症は
3大認知症と呼ばれる認知症の1つになります。

他の認知症とはどういったところが異なるのか?

そういう点についてもフォーカスを当てていきたいと思います。

スポンサードリンク

レビー小体型認知症とは?


レビー小体型認知症というのは、
「認知症の1種」です。

認知症と言っても
実に様々なものがありますが、

レビー小体型認知症というのは、
その中でも3大認知症の1つです。

ちなみに、
3大認知症というのは以下のものとなります。

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症

この中の1つであるレビー小体型認知症ですが、
レビー小体が原因で引き起こされる認知症です。

次の動画をご覧ください。

【レビー小体型認知症(DLB)について】

レビー小体型認知症について解説してあります。

レビー小体は
タンパク質のかたまりなのですが、
これが大脳皮質に現れるとレビー小体型認知症になります。

 

 

症状や進行具合は?


レビー小体型認知症の初期症状としては
幻想や妄想、うつなどに悩まされることになります。

認知障害とパーキンソン症状が
合わさっているようなイメージです。

進行については比較的緩やかなことが多いですが、
場合によっては経過が早いこともあり、
この辺りは個人差があるとしか言えないようです。

症状が進行すれば
幻想や妄想などが酷くなり、
運動機能への障害も増えてくることになります。

 

治療方法は?

レビー小体型認知症の治療方法は、
薬剤の投与が一般的ではありますが、
根本的な治療方法っていうのは見つかっていないのです。

そのために
効果があるとされている薬物投与を行いながら、
病気で付き合っていくということになります。

スポンサードリンク

まとめ

レビー小体型認知症ですが、
大脳皮質にレビー小体が現れることで発症する病気です。

認知症の1種であり、
幻覚や妄想などに悩まされることとなります。

根本的な治療法はありませんが、
幻想などに効果的だとされている
薬物投与で病気と付き合っていくということになります。

また、
運動機能障害も症状としてあるために、
日常生活が一人では困難になるケースも多く、
介護の方など誰かの手を借りることがほとんどになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です