新盆のお返し 相場はいくら?品物に丁寧なお礼状の挨拶を。

新盆のお返しは、
返せば良いというわけではありません。

相場を守り、お礼状や挨拶をしてこそ、
しっかりとした対応が出来たと言えるでしょう。

また、お返しには何が良いのか?

せっかくならお返しの品にも気を配りたいですね。

そこで、今回は
新盆のお返しについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク

新盆にいただく品物

お盆はご先祖様を供養する期間ですが、
その中でも新盆は特別な盆になります。

ご先祖様が亡くなってから始めてのお盆のことで、
新盆にはお供え物として品物を頂くことも少なくありません。

品物として多いのは、
お線香、お花、お菓子、果物
などが相場となります。

やはりお供え出来るものが多くなっていますが、
とりわけお線香は送る人も多いため、
貰うほうも「たくさんあり過ぎて困る」
なんていうことになることも多くなっています。

 

新盆のお返しの相場はいくら?

新盆のお供え物を頂いた場合、
お返しについては、どのようにするか考えましょう。

お返しするのが当然ではなく、
流派によってお返しが不要の場合もあるためです。

お返しすると決めた時は、
貰ったお供え物の半分~3分の1程度の金額で、
返すのが一般的な相場となっています。

お返しする品物としては、
消え物と呼ばれる「消費するとなくなるもの」が良いです。

石鹸やハンカチなどの日用品や
お茶、コーヒーなどの食品などでも良いでしょう。

最近は、このお返しに
カタログギフトを用いることも増えてきました。

これであれば、
それぞれが好きな品物を選ぶことが出来ますので、
相手にとっても都合が良いのです。

また、何よりカタログギフトですと、
品物として重さがあまりありません。

食品など場合によっては重たくなることも多いため、
持ち運びという点においても、
非常に利便性が高くなっています。

スポンサードリンク

 

お返しのお礼状と挨拶

お返しをする際は、
お礼状や挨拶も併せて行いたいものです。

ぶっきらぼうに品物だけ送るのでは、
逆に失礼に当たります。

お礼状については、
こちらのサイトを参考にしてみて下さい。

超便利!冠婚葬祭マナー
http://www.best-manner.com/manner/sougi/hatsubon_okaeshi.html

具体的なお礼状の書き方から、丁寧に書かれていますので、
とっても便利です。

こういったお礼状には、
一定の決まったマナーがありますので、
大切なのは、マナーはしっかりと抑えることです。

マナーさえ抑えてあれば、
後は気持ちが伝わる文章になっていれば問題ありません。

変に飾ったりといったことは必要ないのです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です