趨勢的な傾向

どーいう事なの?傾向を探るサイト

季節

紅葉と黄葉の違いは 仕組みを知ればナルホド!って思う。

秋といえば、
食欲の秋!読書の秋!など
いわれていますが、そんな中の一つに

紅葉というものもありますよね。

葉の色が変わり始めて
色鮮やかに変わりとても綺麗な風景にしてくれる紅葉ですが

紅葉と黄葉があるのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

紅葉と黄葉とは

紅葉と黄葉とは
葉の色の違いによって
紅葉であったり黄葉であったり使われます。

葉の色が鮮やかな紅色になれば紅葉
黄色っぽくなれば黄葉となります。

この読み方ですが
紅葉→こうよう
黄葉→こうよう、おうよう

このように読みます。

ただ、厳密に区別することが難しいため
どちらも「紅葉」呼ばれることが多いです。

なので、
ニュースなどで
「こうようが始まりました」
と聞くことがあると思いますが、

その場合には
紅葉、黄葉の両方を含めて
言われていることになります。

 

 

紅葉黄葉の違いについて

紅葉と黄葉の違いについては
先ほども軽く説明しましたが
葉の色の違いです。

「紅葉」になるものはカエデ科が多いようですが
カエデ科と一言で言っても
その数は150種類ほどもあります。

それほど多くありますが
幸運にも日本ではその多くが自生しているんです。

日本はカエデの大量所有国なのです(笑)

イロハカエデやオオモミジ、ヤマモミジなどの
数種類となります。

ちなみに紅葉の葉は
"もみじ"だったり"かえで"と呼ばれたりしますが

どう区別するかというと
葉の切れ込みの数で分けられることが多いです。

葉の切れ込みが
5つ以上にもの→もみじ
それ以外→カエデ

と分けられています。

では
黄葉と呼ばれるのは何なのかというと、
イチョウなどの種類になります。

なぜイチョウは赤色ではなく
黄色に変化するのか不思議ですよね。

その理由は
葉の中に含まれている色素にあります。

葉には色素が二つあり
緑の色素のクロロフィルと
黄色の色素のカロチノイドがあります。

春~夏ではクロロフィルの方が多いため
葉は緑色をしていますが

気温が低くなると
クロロフィルが分解されるので
葉の中にカロチノイドが多くなるために

黄色くなっていくのです。

もみじやかえでが紅い理由ですが
アントシアニンという色素によって
紅くなります。

気温が低くなってくると
葉と枝の間に離層と呼ばれる
栓のような物質が出てきて

葉の中の糖分が枝にいかず葉に溜まります。

そうなると
葉の中では糖とタンパク質の化学反応が起こり、
アントシアニンという物質が作られます。

このアントシアニンが葉を紅くしているのです。

どちらにせよ共通するのは
"気温が低くなったら"ということです。

なので、秋ごろになると
葉の色が変わり始めるのです。

 

スポンサードリンク

 

「黄葉&紅葉まつり」がある。

秋の風物詩である紅葉を楽しむために
“紅葉祭り”と”黄葉祭り”があります。

紅葉祭りは
美しいもみじを綺麗にライトアップしてあり
その中をゆっくりと散歩したりして楽しむお祭りとなっています。

黄葉祭りは
銀杏祭りとも呼ばれます。

いちょう並木を散歩したり、
写真を撮ったり
風景画を描いたりする人々がいたりと
楽しみ方は個人個人で異なります。

また、模擬店や産地直送の野菜などを
購入できるお店なんかもあったりもします。

 

詳細は動画をご覧ください。
【山中湖 夕焼けの渚・紅葉祭り2014】

【神宮外苑いちょう祭り2013】

こういったことも楽しめるなんて日本は
良い国だな~なんて感じます。

機会があれば是非行ってみたいと思います。

 

 

 

-季節