趨勢的な傾向

どーいう事なの?傾向を探るサイト

健康

腰痛の原因はストレス!?ストレスが及ぼす腰への影響は予想以上です!

腰痛には様々な原因がありますが、
ストレスというのも
腰痛の大きな原因の1つなのでしょうか?

誰もが想像していなかったほどに
ストレスが腰に及ぼす影響というのは大きいようです。

そこで今回は、
ストレスが腰痛に与える影響というのを調査してみたので、
説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

腰痛とは?

気をつけろ!腰痛
腰痛とは、その名の通り、
腰が痛いことを示しています。

痛み方や症状はいくつかありますが、
大きく分けて2種類です。

  • 緊張性腰痛
  • 慢性型腰痛

緊張性腰痛は
筋肉の緊張からくる腰痛なのに対して、

慢性型腰痛は
日常的に継続する鈍い痛みということになります。

そして、
緊張性腰痛の原因として
ストレスがあげられているのです。
(慢性でも大きな影響は受けています)

 

腰痛とストレスの関係とは?

腰痛とストレスの関係ですが、
とても密接に関係しています。

まずは、次の動画をご覧ください。

【腰痛の原因はストレス】

動画では
「ストレスが腰痛の原因である」と解説しています。

ストレスと言っても様々ありますが、
心のストレスもまた腰痛の原因になるのです。

疲れが酷い時は
身体が腰に痛みを出して、

休ませようとしているのではないか

というような意見も
動画の中では展開されていますが、

疲れが激しい時というのは、
まさに身体と心のストレスがいっぱいの時ではないかと思います。

ストレスが交感神経(活発な自律神経)を刺激して
カラダをずっと興奮状態にさせてしまいます。

リラックスの副交感神経に切り替わらず
筋肉の緊張が強いままだと
負担がかかりやすい腰の筋肉は
さらに緊張を強いられます。

緊張した筋肉は
血液の流れが悪いので
酸素と栄養が運ばれてきません。

いわゆる酸欠状態…。

疲労物質もその部分から流れでないので
それが痛み物質を誘発してしまうのです。

また神経系のセンサーも
異常な反応を起こすことも考えられます。

そんなに悪くないのに
痛みを強く感じるように
脳が勘違いしてしまうことも考えられます。

スポンサードリンク

 

このように
腰痛とストレスというのは大きく関係しているのですが、
椎間板ヘルニアの痛みの3分の2は
心の問題だという調査もあります。

腰痛を解消する際、
様々な原因があるため、
原因を解消することは大切ですが、
身体的だけではなく、
精神的にストレスのケアも同時に行ったほうが良い
ということです。 

 

改善する方法は?

腰痛を改善するためには、
溜まったストレスを解消することになります。

人それぞれストレスの解消法というのは異なるかと思いますが

しっかりと睡眠をとり、
美味しい食事をするというのが
基本的なストレス解消法になります。

 

日々、
忙しい中で大切になってくるのは、
ストレスをいかに溜め込まないかということになります。 

 

 

予防する方法は?

ストレスを溜め込まないために予防する方法は、

悩みなどの想いや考えを
「誰かに聞いて貰うこと」です。

自分の想いを口に出すだけでも
ストレスの解消へと繋がっていきます。

嫌なことがあった時など、
ストレスが溜まってきたと実感出来るようなことがあった場合、
誰かに思い切って話してみましょう。

誰でも構わないということはありませんが、
聞いてくれる人が一人ぐらいはいるはずです。

相手に迷惑だなんて思わず、
思い切って話してみれば共感して貰えるものです。

 

 

 

-健康
-, ,