失敗しない山菜のあく抜き方法!小麦粉・重曹を使うとイイ?

食べると
山の風味をダイレクトに感じることが出来る「山菜」

好きな方も多いんじゃないかな~って思います。

私も好きで
様々な料理で山菜を楽しみますが、
食べる際に大切なのがあく抜き

きっと苦手な人も多いのでは・・・?

そんな
失敗しやすい山菜のあく抜き方法をお教えしちゃいます。

小麦粉重曹を使うと、
とっても簡単に出来ちゃうんですよ~。

スポンサードリンク

山菜のあく

あく抜きしなければならない食材と言うと、
茄子ホウレンソウなどがあげられるかと思います。

こういった食材は、食べ方にもよりますが、
しっかりとあく抜きしてあげないと、
苦くて食べれないなんてこともあるのです。

そして、
これと同様に山菜にもあく抜きが必要です。

あくの強さは、山菜の種類によって差がありますが、
中には毒が含まれているなんてものもあるので、
注意が必要なのです。

自然にあくが抜けてしまうような食べ方じゃない場合、
これから紹介するあく抜きを行ってから食べるようにして下さい。

 

山菜のあく抜きのやり方

山菜のあく抜きのやり方ですが

  • 塩を使う方法
  • 重曹を使う方法
  • 小麦粉を使う方法というものがあります。

 

塩を使う方法としては、
熱湯に一掴みの塩を加えて、
山菜を茹でます。

山菜を投入してから、
目安としては1~2分程度、
彩りが鮮やかになったタイミングでお湯から上げ、
冷水で洗います。

水気を切ったら完了です。

 

続いて、重曹を使う方法ですが、
2L程度の熱湯に
重曹を小さじで1~2杯程度加えます。

そこで山菜を加えて、すぐに火を止めます。

落とし蓋をして、冷めるのを待ちます。

冷めた後、
水に1日程度さらしておけば完了です。

 

最後は小麦粉を使う場合です。

1L程度の熱湯に
小麦粉を大匙5杯程度、
塩を小さじ2杯程度入れます。

そこに水洗いをした山菜を加えて、
弱火で3分ほど茹でます。

茹で終わったら冷水で洗い、
水に15分程度浸します。

これで完了となります。

 

どの方法でもあくを抜くことが出来ますが、
あくが強い山菜の場合は、
重曹を使う方法がオススメです。

また、
小麦粉を使う方法の場合は、
短い時間で済みますので、
時間があまりない時などは、良いと思います。

スポンサードリンク

 

美味しい山菜料理

あく抜きの処理が必要なものの、
食べると美味しいのが山菜料理です。

やはり、一番のオススメは天ぷらです。

カラっと揚がった山菜の天ぷらは
独特の風味も相まって、
大人の天ぷらっていう感じですね。

それ以外にも、
おひたし胡麻和え
塩漬けしょうゆ漬けなどもオススメの食べ方です。

その中での
一番のオススメは胡麻和えですかね。

タラの芽をあく抜きした後、
すりつぶしたゴマに砂糖を加えて、
醤油で味を調えます。

それをタラの芽と和えるだけのお手軽料理ですが、
一度、食べると思わず病みつきになっちゃいますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です