横浜開港祭花火の穴場な場所を紹介!ココで見れば有料席クラスだよ

毎年、
多くの人で大盛り上がりなのが
横浜開港花火大会ですね。

家族連れ、カップル、友達同士など
たくさんの人が訪れますが、
それが故に難点なのが、
どこに行っても人、人、人だらけということです。

どうせなら
ちょっとゆっくり落ち着いてみたいですよね。

そこで、
ここぞオススメ
っていう穴場スポットを紹介したいと思います。

有料じゃないのに、有料席並みのスポットで見れば、
昨年よりも、もっと楽しめること間違いなしです!

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火

日本の夏の風物詩であるのが、花火。

全国各地で様々な花火大会が開催されていますが、
横浜開港祭の花火もその中の1つです。

ただ、この横浜開港祭の花火が他と違うのは、
まるでショーのような花火なんです。

花火大会には、
花火師達が技術を競う物、
慰霊の意を込めたもの
などがありますが、
横浜開港祭のようにショーのような花火大会は、
多くはありません。

レーザーや音楽と組み合わせて見る花火は、
他の花火大会で見る花火とは
一味違った体験をもたらしてくれるでしょう。

 

横浜開港祭花火の穴場な場所

では、
そんなショーのような花火大会を楽しむためのスポットをご紹介。

 

①ぷかりさん橋


花火大会が始まる前はテントがあるために、
穴場となっているこの場所。

直前になるとテントが撤去されるために、
撤去される時に行けば、
場所取り出来るスポットなんです。

もちろん花火大会の会場でもありますので、
花火が綺麗に見えるのは、言うまでもありません。

あまり早くから行っての場所取は・・・
という方にオススメです。

 

②山下埠頭


普段は立ち入ることが出来ない場所も、
花火大会の時は一部解放されます。

ただ、
年によって異なるので、事前に確認が必要です。

ここで見る花火が綺麗なのは間違いないですが、
海に映る花火を楽しむことが出来るというのも、
ポイントの1つです。

カップルで来るとロマンチックで良いムードになれます。

 

③掃部山公園


穴場と言うのであれば、
外せないのがこのスポットです。

海上に上がる花火は少し厳しいですが、
空高く上がる花火はバッチリ。

そして、
人もそれほど多くないっていうのが良いですね。

地元の人でも知らない人もいるほどです。

ちょっと分かりにくいところにあるので、
行く場合はよくよく地図で確認してください。

 

横浜開港祭でオススメの穴場スポットを3つ紹介しました。

どこも綺麗に花火を楽しめるスポットですので、
ぜひぜひ行ってみて下さいね。

 

打ち上げ場所と有料席

横浜開港祭の花火大会ですが、
その打ち上げ場所は臨港パークになります。

また、有料席も完備されており、
お金をかけてでものんびり見たいという方には、オススメです。

その有料席ですが、
2種類あり、
芝生の有料席はペアで6,000円となります。

ただし、
この芝生の有料席は、
開催される年によって
発売される時とされない時があるため、
確認が必要です。

もう1種類のほうは、毎年発売されますが、
3日間有効なイスのペアチケットで、
価格は何と40,000円です。

芝生のチケットに比べると、
かなりお高めですが、
やはりその分、席としては良いですね。

お金のある方にはオススメの席です。

スポンサードリンク

 

日程や時間

By: towser

横浜開港祭の花火大会ですが、
お祭りの最終日に開催されます。

お祭りの日程としては、
6月初旬となっています。

花火の時間としては、
19時20分頃から打ちあがり、
30分程度となります。
意外と短い時間ですね。

これらの日程や時間は、
毎年、変更になる場合があるので、
事前に要チェックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です