爪白癬の症状と治療薬について。爪水虫になる原因はネイル?

爪白癬(読み方:つめはくせん)
症状や治療薬といったものはどういったものになるのか紹介します。

爪が白くなりボロボロになってしまう爪白癬ですが、
元々はカビが原因です。

そして、
他人に伝染したり、
他の部位にも伝染して悪影響を及ぼすことになります。

この爪白癬ですが、
女性などが施すネイルが原因で発症するとも言われています。

今回は爪白癬について詳しく説明していきたいと思います。

爪白癬とは?


爪白癬は、
爪の病気の一種で爪の中に白癬菌が侵入することで起きます。

白癬菌というのは、
水虫の原因菌で、足に入れば水虫ですから、
爪白癬は水虫の爪バージョン
ということになります。

次の動画をご覧ください。

【やさしく学ぶ-皮膚の病気 爪白癬】

爪白癬について基本的なことが解説してありますが、
非常に伝染力が強く、他人に伝染します。

また、
自分の身体でも爪以外の場所にも伝染しますので、
爪白癬から水虫も発症ということも少なくありません。

基本的に白癬菌は
温度や湿度が高いところが非常に好きな菌ですので、
清潔にしていれば問題ないですが、
爪白癬にかかってしまう原因というのは様々あります。

 

 

症状や治療はどういった感じ?


爪白癬にかかってしまうと
その症状はどういったものになるのか?

例をあげれば下のような症状が出ます。

  • 色が濁る
  • ボロボロになる
  • 厚くなる
  • 変形する

爪にこういった症状が出たら、
爪白癬を疑うべきです。

また、
悪化すれば痛みが出てくることもありますので、
爪にちょっと影響があるだけと思わずに
しっかりと治療することが大切です。

では、治療はどういった形で行われるのかというと、
下のような方法になります。

  • 内服薬による治療
  • 塗り薬による治療

内服薬は
テレビナフィンやイトラコナゾールと呼ばれる薬を
内服することで治療を行います。

短期間で治療したい場合は
イトラコナゾール、

時間がかかってもしっかりと治癒したいのであれば
テルビナフィンの投与を行います。

塗り薬の場合は、
クリアネイルと呼ばれる塗り薬がありますので、
それを爪に患部に塗ることによって治療を行います。

 

爪白癬はネイルからでも?

爪白癬ですが、
ネイルが原因で発症してしまうこともあります。

爪を綺麗に着飾るネイルですが、
爪のこまめなお手入れが必要で、
放っておけば爪の環境というのは悪化します。

その悪化した環境に白癬菌が入り込み、
爪白癬を引き起こしてしまうということになるのです。

付け爪の付けっ放しなどにはせずに、
こまめな手入れというのを心がけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です